代替GIF画像の表示


 



NPO法人上州アスリートクラブの理念


子どもの運動能力の低下、中高生の運動部活動への参加率減少、
成人のスポーツに接する機会の減少など、「スポーツ離れ」を叫ぶ声は近年、日に日に高まっています。
TVゲームに代表される娯楽の多様化、塾や習い事による余暇時間の減少、
少子化に影響される地域の少年団やスポーツクラブの減少、学校の運動部の休部や廃部など、
その理由はいろいろ考えられます。

そんな中でもクラブや部活動でスポーツに励んでいる高校生や大学生はたくさんいますが、
財政の悪化も重なり、彼らが卒業後も競技を続けていける企業の受け皿はそう多くありません。

「スポーツは文化である」という言葉をよく聞きます。

しかし、スポーツ先進国である欧米諸国に比べると、残念ながらこの日本では、
スポーツ文化が根づいているとはまだまだ言えないのが実情なのです。

私たちは陸上競技(ランニング・かけっこ)を中心に、
『走ることはスポーツの基本』をメインコンセプトとしながら、
地域の子どもたちや住民のみなさまがスポーツに積極的に参加し、楽しめる風土を提供したいと考えております。

地域住民にはスポーツの楽しさ・素晴らしさを―。

地域行政には生涯スポーツ、部活動の補完的役割を―。

地域社会(企業)には地域活性化を―。競技団体には、競技の普及、競技力の向上、雇用の受け皿を―。

その第一歩が「陸上教室」であり、将来的には「総合型地域スポーツクラブ」設立につなげていくのが理想です。

上記の各ステークホルダーと連携・協業していきながらスポーツ振興を図る目的で、
「特定非営利活動法人上州アスリートクラブ」を設立しました。「高崎市からスポーツ立国」を目指していく所存です。

NPO法人上州アスリートクラブ 
理事長 白水正昭